teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


この板は死んでますね

 投稿者:NEET  投稿日:2011年 5月 4日(水)10時13分24秒
  お久しぶりです。

相変わらずこの板は死んでますね。
一時期パラサイト無職だった管理人さんは今頃どうしてらっしゃるのでしょうか。
 
 

ウザイ・キモイ

 投稿者:なんだか  投稿日:2010年 9月 8日(水)02時45分24秒
  管理人からレスがないのにひつこい書き込み乙  

この板は死んでますね

 投稿者:NEET  投稿日:2010年 8月26日(木)04時26分49秒
  この板は死んでますね  

日台ハーフを観ましたよ。日本と台湾の友好永遠に

 投稿者:イラ・フォルモサ好き  投稿日:2010年 6月28日(月)09時33分17秒
  この掲示板、閑古鳥、鳴いてますね。うっけさん生きていますか? 自分、まだ生きていますよ。フリーメイソンだと噂される民主党の総理大臣が辞任して学問の神様の末裔が総理大臣に代わりました。実は「年金未納兄弟」ではなかった学問の神様の末裔の総理大臣……厚生労働省の行政のミスで学問の神様の末裔は年金を納めていたかもしれないという情報を自分は耳にしましたよ。もっとも「年金未納兄弟」でなくてもご先祖様は偉大な人物ですが、子孫は偉大な人物ではないという点は、揺るぎませんがね……それにしても総理大臣と行政刷新大臣、逆にしたほうがよかったかも……初の日台ハーフの女性総理大臣というのも悪くないかもね……

2009年12月31日の紅白歌合戦には出演できなかった日台ハーフの歌姫のライブに、広島で2010年6月20日と愛知県で2010年6月27日に行きましたよ。日台ハーフの歌姫は9.11の同時多発テロの歌を歌っていましたよ。日台ハーフの歌姫の歌声はすべてを優しく包み込みます。自殺して死のうかと思ったことも何度もありましたが、まだ自殺しないで生きてみますか。この世の、すべてを優しく包み込むような歌声の歌姫がいるかぎり、日本と台湾の友好永遠に……
 

NHK、台湾を侮辱……

 投稿者:イラ・フォルモサ好き  投稿日:2009年 5月10日(日)01時22分28秒
  2009年4月5日、北朝鮮のミサイルが発射された日に、NHKは台湾人を侮辱した番組をつくりました……「人間動物園」って何……ネットでも現実世界でもNHKに対する批判が殺到しています……

2009年4月26日に東京、渋谷でNHKを批判している台湾人の演説を自分は見かけました。その人物は小林よしのり氏の親友の台湾人、林建良氏でした。この日は日台ハーフの女優の舞台を観に三軒茶屋に行くために東京に出ていましたが、まさか似顔絵ではない実物の林建良氏を観ることができるとは……

話は変わりますが2009年4月28日から2009年9月27日まで横浜で博覧会が開催されています。横浜はジャズ音楽好きの自分の親戚の女性が暮らしている町です。行ってみようかな……

http://wiki.livedoor.jp/kyotres/

 

横浜に行ってきました。次は広島に……

 投稿者:イラ・フォルモサ好き  投稿日:2009年 3月12日(木)10時24分24秒
  この掲示板、やっぱり閑古鳥鳴いてます……3カ月ぶりに書きこんでみますか……

小林よしのり氏は天皇陛下の漫画を書いていますが、2008年12月31日の紅白歌合戦は観なかったみたいです……小林よしのり氏は気づいていないのでしょうか、実は昭和天皇とつながりのあった人物をお祖父さんにもつ歌姫が、あの日、紅白歌合戦に出演してたのですけどね……2009年3月11日は、仕事があって黒人のお祖父さんの血を引いているかもしれない歌姫のライブに行けませんでした……母親にチケットを渡して代わりに行ってもらったよ。

横浜では日系人の歌姫のライブを観に行くことができました。今度は、チェ・ゲバラというイケメン革命家も行ったとされる広島に行ってみようかな……反戦平和のシンボル、原爆ボームの他に、大日本帝国海軍のシンボルである、大和ミュージアムにも行ってみようかな……

http://www.kankou.pref.hiroshima.jp/

 

台湾と京都と神戸と行きました。

 投稿者:イラ・フォルモサ好き  投稿日:2008年12月12日(金)02時47分57秒
  台湾に2回目の旅行に行きました。小林よしのり氏の『台湾論』と『第2波台湾論』(新ゴーマニズム宣言10巻)をゲット、ついでに三島由紀夫氏の『『天人五衰』そして大江健三郎の『再現、我的書!』(さようなら、私の本よ!)もゲット! 大江健三郎は大嫌いだけど、あえて『再現、我的書!』を買いました。台湾のとある客家人が「晩年の魯迅の心境だね」と絶賛してましたから……この大江健三郎の本を絶賛していた客家人、日本語版『台湾論』240ページ、台湾語版『台湾論』212ページにある小林よしのり氏が絶賛していた台湾映画の原作者なんですけでね……映画版は日本統治時代を肯定的に、原作版は日本統治時代を否定的に180度、正反対の印象を受けます……

京都と神戸で「学問の神様」を祭るあの神社でお参りしました。この「学問の神様」の子孫、司馬遼太郎氏の小説の主人公になったり、左翼学生がいっぱいいる大学を創った偉人になったり、「年金未納兄弟」の政治家になったりしています。神戸ルミナリエで、圧倒的なまでの幻想的なイルミネーションの美しさに感動しましたよ。神戸の中華街の台湾製の海榮門(かいえいもん)を観ることができたのは神戸旅行の一番の収穫です。

http://www.kitanotenmangu.or.jp/

 

いつまで

 投稿者:吉村  投稿日:2008年12月 1日(月)20時58分59秒
  残るのでしょう?  

Re:まだ

 投稿者:気胸持ち  投稿日:2008年10月 2日(木)22時20分33秒
  ネット上のナイチャー氏は、もう存在しないのでは。
本人がそうおっしゃってたはず。
 

9月16日、靖国神社と乃木神社、日本武道館へ

 投稿者:イラ・フォルモサ好き  投稿日:2008年 9月20日(土)00時00分24秒
  ひさびさに、この掲示板、のぞいてみたら、まだあったようですね。それにしても自分の書き込みから約9か月間もうっけさんの書き込みがなかったとは、閑古鳥も鳴きまくりです。約9か月の間にいつのまにか、福田康夫氏は辞任を表明してしまい、「フリー・チベット」の叫びもむなしく北京オリンピックが開催され終わってしまいました。小林よしのり氏は沖縄問題の次にパール判事のこと漫画にしていますが……

赤松大尉や梅澤少佐の遺族と大江健三郎の裁判は大江健三郎が勝利したみたです。だけど赤松大尉の遺族は控訴しましたから、裁判はいまだに続いています……けどね、裁判では、大江健三郎は一応、勝利したけど、裁判官は、赤松大尉や梅澤少佐が「軍命令」を発したとは認定していないんだな……ここのところ重要です。大江健三郎は「試合」では勝ったけど「勝負」では負けたようなものです。大江健三郎が死ねか、大江健三郎が「試合」で負けるまで裁判は泥沼化し続きそうです。

2008年9月16日はカナダ人と日台ハーフの歌姫が東京でコンサートを開いたね。自分、日台ハーフの歌姫のほうに行きましたが……9.11の同時多発テロの歌を歌っていましたよ。カナダ人の歌姫のほうも名古屋で9月17日、9月18日と行きましたが……

日台ハーフの歌姫を観に日本武道館に行く前に靖国神社、乃木神社を参拝しましたよ。司馬遼太郎氏は死ぬ前に乃木神社で「乃木愚将論」は間違いだったと正式に認め謝罪するべきでした。

http://www.nogijinja.or.jp/

 

まだ

 投稿者:うっけ  投稿日:2008年 9月16日(火)04時47分54秒
  あるみたいです。  

まだ

 投稿者:ナイチャー  投稿日:2008年 9月16日(火)01時44分23秒
  あったのか  

私説公開

 投稿者:石垣眞人  投稿日:2008年 7月22日(火)16時12分40秒
  「平成の黙示録」という表題の私説を公開しています。
http://makoto-ishigaki.spaces.live.com にアクセスしてください。

http://makoto-ishigaki.spaces.live.com

 

明けましておめでとうごさいます

 投稿者:イラ・フォルモサ好き  投稿日:2008年 1月 2日(水)21時33分22秒
  うっけさん、明けましておめでとうございます。この掲示板、閑古鳥鳴いていますが、よろしくお願いします。初詣は熱田神宮に参拝に行きました。去年は、国府宮神社で安部晋三氏が靖国神社に参拝してくれるよう、祈りましたが、安部晋三氏、参拝しないまま辞めてしまいました……今年は福田康夫氏に靖国参拝……と期待したいところですが……それにしても靖国神社参拝に反対している「年金未納兄弟」のあの民主党議員は、自分のご先祖様が、「神様」として、九州のとある神社で祀られていることについて、どう思っているのでしょう?

2007年12月31日の紅白歌合戦は感動的でした。自分が、この掲示板に紹介した二人のミュージシャンの歌声に精神が癒される思いです。せつないラブソングはよいね。うっけさん。うっけさんもコンサートに行ってみれば?

http://www.atsutajingu.or.jp/

 

沖縄人の「おじい」に日本兵はいなかったの?

 投稿者:イラ・フォルモサ好き  投稿日:2007年12月30日(日)22時16分40秒
  あいかわらず、この掲示板、閑古鳥鳴いていますね……沖縄問題について、ひさしぶりに書き込みしますか? 沖縄で2007年9月29日に歴史教科書から「沖縄人集団自決強要」の記述が削除されたことについて、沖縄人による抗議集会が起きましたね……この抗議集会の人数が11万人だか、4万6千人だか、2万人だとか、いろいろネットで論議になりましたが、確実にいえるのは、かなりに数の沖縄人が沖縄タイムスに洗脳されていることです……いや、沖縄人の名誉のために言っておきますと、あの抗議集会に集まった沖縄人が沖縄人のすべてではなりません。赤松大尉や梅澤少佐は「軍命令」を発していないと親日的な沖縄人は心の奥底では思っているでしょう。ただ「同調圧力」があるせいで赤松大尉や梅澤少佐を擁護できない「全体主義の島」に沖縄はなってしまったんですね。沖縄人も「美しい麗しい島」に住む親日台湾人のように大東亜戦争の時の日本兵は立派だったと主張できるようになって欲しいですね。

大江健三郎は赤松大尉や梅澤少佐の遺族に裁判にかけられていますが、いまだに赤松大尉や梅澤少佐の遺族に謝罪していません……小林よしのり氏は沖縄戦に対する日本軍の集団自決「軍命令」は無かったが、「スパイ視殺害」はあったという立場ですね……藤岡信勝氏や中村粲氏と「スパイ視殺害」の評価を巡って対立していますが、どうなることやら……9月29日の沖縄抗議集会で沖縄タイムスに洗脳されたイケメン高校生は、「おじい、おばあが嘘をついていたのか?」と言っていましたが、自分はイケメン高校生にこう言い返したいですね。「君ら沖縄人のおじいに日本兵はいなかったのか?」と……反日沖縄人は自分達のおじいにも日本兵がいたこと忘却しています……自分達のおじいを侮辱してしまっていることに気付いていないのかな?

2007年12月31日、実は、自分がこの掲示板に紹介したミュージシャン二人が、紅白歌合戦に登場するんです。自分、二人とも2回ずつ、名古屋でライブを観に行ったことありますが、小林よしのり氏は、この二人のミュージシャンの名前、意識的に名前を言うの避けているような気がしますね……二人とも2ちゃんねるでは、それぞれ別の理由でバッシングを受けていますが、せつないラブソングを歌わせたら世界最高水準の歌声でしょう。せつないラブソングの力で沖縄人が、「同調圧力」から自由になることを願って……
 

同時多発テロの日に……

 投稿者:イラ・フォルモサ好き  投稿日:2007年 9月11日(火)23時09分26秒
  この掲示板、閑古鳥鳴いてます。9月11日の今日、ひさびさに書き込んでみますか。この日「頑張れたのは、あなた自身の力」という名セリフを言ったミュージシャンが「あること」をカミングアウトしたのだから、偶然の一致というのは、恐ろしいですね。

うっけさん、テロは絶対悪ではないけど、同時多発テロの歌を歌うミュージシャンの歌を大切しましょう。「君と好きな人が百年続きますように」
 

「君と好きな人が百年続きますように」

 投稿者:イラ・フォルモサ好き  投稿日:2007年 5月31日(木)21時04分50秒
  この掲示板、まだ閉鎖されずに残っていたんですか……閑古鳥鳴いていますね……うっけさん生きていますか……この題名は、ある9.11の同時多発テロの歌の歌詞です。歌っているミュージシャンは、今「ある事件」を起こして、2ちゃんねるでバッシングを受けていますが……バッシングに負けないで、せつないラブソングを歌って欲しいです。小林よしのり氏は、なぜか、このミュージシャンの名前を意図的に避けているような気がしないでもありません。小林よしのり氏は、このミュージシャンの大学時代のゼミの先生とは、座談会で、大東亜戦争の評価を巡って話し合っていますけどね。小林よしのり氏が意図的に名前を避けているような気がするのは、「頑張れたのは、あなた自身の力」のミュージシャンも一緒ですけど……

石原慎太郎氏の脚本の映画『俺は、君のためにこそ死にに行く』を2回、観ました。タイトル「君と好きな人が百年続きますように」でもよかったような……この映画、意外と朝鮮人、カッコよく描かれていましたね。この映画と石原慎太郎氏を侮辱する反日映画が、同時期、公開されましたが、この反日映画は駄目です。『俺は、君のためにこそ死にに行く』で朝鮮人をカッコよく描いた石原慎太郎氏を、まるで朝鮮人差別主義者のごとく観客に印象つける反日映画でした。石原慎太郎氏の映画を観ないで侮辱しているのまる分かりです。

最後に、「沖縄問題」について、日本の歴史教科書から「沖縄人集団自決強要」の記述が消えたみたいですね。ただ沖縄タイムスの記者や大江健三郎は、今なお赤松大尉の遺族に土下座して謝罪していないんですね……大江健三郎の小説を最近、読んでいますが、三島由紀夫氏の小説に比べて観ると見劣りしますね。ただ、マインド・コントロールされてしまうような一種独特の雰囲気を感じます。実は大江健三郎自身が、反日マスコミによって精神をマインド・コントロールされていたんですけどね……司馬遼太郎氏の小説も大江健三郎氏の小説ほど極端でないにせよ、読者を「社会主義マンセー」の方向にマインド・コントロールしてしまう文章が挿入されていたりします……
 

世界の切り取り方

 投稿者:うっけ  投稿日:2007年 2月12日(月)01時15分49秒
  いやいやいや、いくら司馬遼太郎が偉大な国民的大作家であっても、
なんぼなんでも死してなお、死後も作品を改変しているわけないわけです。

作品を作った段階での「現在」であることは言うまでもなく、また、
「現代の価値観」というのは、「今現在」という意味合いだけではなく、
近世や中世やそれこそ古代までの、その当時に生きていた人たちが、
後出しじゃんけんのように「現代の価値観」にて、生活していると言うことです。

現代の価値観と言うのは、韓流がブームだとか、いや嫌韓だとか、そんな程度のことではなく、
近代以後の概念、アイデンティティや自我、科学主義や合理主義、などなど、
つまりは「世界の切り取り方」
たとえば「人間」という概念など、歴史上の人物が、その価値観で判断したりしている、ということです。

歴史小説というのは、概ねそういうもので、歴史小説はあくまで歴史小説です。
歴史の真実を見るためのものではなく、歴史を舞台に借りた現代小説、つまりは「借景小説」なのです。
NHKの大河ドラマなど、男女平等と人命尊重という「現代の価値観」により、
戦国時代の話が無茶苦茶な切り取られ方をしています。
司馬遼は、大河ドラマほどは酷くはありませんが、同じ後出しじゃんけんがあります。

司馬遼は、歴史小説であって、歴史ではないのです。
歴史小説は小説である以上、司馬遼太郎の歴史観などという、歴史観にはなりえないでしょう。
蓮實の本は読んでいないので文脈はわかりませんが、
>「見えない物が見える坂の上の雲は有害」
というのは、後出しじゃんけんを、あたかも、最初から見えていたかのように、
歴史上の人物が振る舞っていることをさしているのではないかと思います。
 

うっけさんへ 「現代の価値観」について

 投稿者:イラ・フォルモサ好き  投稿日:2007年 2月 3日(土)22時47分1秒
  徳田求一は× 徳田球一が○です。ケアレスミスです。

司馬良太郎氏の『坂の上の雲』について
>歴史の舞台を借りて、歴史上の人物が現代の価値観で活躍します。

そうでしょうかね? 『坂の上の雲』は、ベルリンの壁が崩壊する前の「社会主義マンセー」や「ロシア革命マンセー」の価値観が注意深く読んでみると感じられます。

秋山好古「決して、悪いものじゃないよ。いい所もあるよ」

そのセリフの後に

乃木大将「しかし、武士道のほうが優れている」

というセリフがあり、あたかも秋山好古の社会主義マンセーのセリフが正しく乃木大将の武士道賛美のセリフが、間違っているような風に読者を誘導させようとしているニュアンスが感じられます。ベルリンの壁が崩壊して武士道が再評価されている「現代の価値観」に当たっては実は乃木大将のセリフのほうが的を得ているのですが、価値観が逆転しています……

「現代の価値観」といっても、ベルリンの崩壊の日、9.11の同時多発テロの日、そして、横田めぐみさんの拉致を金正日が認めた日で180度、価値観が逆転することが、あいつぎでいます……司馬遼太郎氏は満州事変から大東亜戦争終結の15年間、日本人は発狂していたと主張していますが、自分に言われてみれば横田めぐみさんが拉致されてから金正日が拉致を認めるまでの25年間、北朝鮮による日本人拉致は無かったと主張していた社民党の人達は、みんな発狂していたということになります。気が狂っていたと社民党の人達が精神病人に入院していたという話は聞きません。自分が言いたいのは、「現代の価値観」で、大東亜戦争のころの祖先を発狂していたと貶めることは止めろということです。
 

「沖縄問題」についての補足

 投稿者:イラ・フォルモサ好き  投稿日:2007年 2月 3日(土)17時14分19秒
  台湾旅行に行ってハンドル・ネーム変更する以前に、自分が書いた「沖縄問題」の文章で説明不足なところがありますから、説明不足な部分を補っておきましょうか。その前に最近観た映画の感想を書きますか。

沖縄人のマーキー出演の映画『あなたを忘れない』を観てきましたが、ウリナラ・マンセー
の予想通りの内容でした。だけど、名古屋で夕焼けをマーキーと韓国人留学生が見るシーン
はビジュアル的に美しくてよいです。だけど日本人カメラマンの関根さんの登場シーンが少なすぎです……小林よしのり氏や関根さんの遺族の方は、どう思うでしょうか……

沖縄問題については、沖縄人は「反日」ってわけではないと思います。正確にいえば沖縄人は、沖縄問題という政治的な問題には距離を置いていきたいというのが本音だと思います。沖縄人が「反日」ではなく沖縄の新聞の沖縄タイムスが「反日」というのが正確でしょう。沖縄タイムスは「反日」の朝日新聞とは米軍統治時代から友好関係にあり米軍基地問題で共同でアンケートをとったりしています。沖縄タイムスが本土復帰までは「日の丸」を大切にしていたといっても、その後の「日の丸」を誹謗中傷ぶりや沖縄戦に置ける赤松大尉に対する誹謗中傷のおぞましいさの免罪符になるというわけではありません。曽野綾子さんが赤松大尉は沖縄戦で沖縄人に集団自決を強制していない赤松大尉は冤罪だったと明らかにしましたが、沖縄タイムスの記者が赤松大尉の遺族に土下座して謝罪したという話は聞いたことありません……いわゆる一般の沖縄人と赤松大尉を誹謗中傷した「反日」の沖縄タイムスの記者は区別するべきでしょう。

『硫黄島からの手紙』の栗林中将は英雄として、再評価されていますが赤松大尉の再評価はまだです。赤松大尉は無実の罪を朝日新聞と友好関係にある沖縄タイムスに被せられたのです……沖縄タイムスに良心があるなら赤松大尉の遺族に正式に謝罪して赤松大尉の名誉を回復して欲しいです。

それから小林よしのり氏の『沖縄論』には説明不足なところがあります。日本共産党は、沖縄の本土復帰に賛成していたと書いてありますが実際には徳田求一のように、本土復帰に反対していた人もいて、けっして一枚岩ではなかったこと。そして竹中労という左翼アナーキーストのように本土復帰に反対した人に一言も触れていないのは説明不足です。まだ書きたいことありますが音楽コンサートに行かなければならないので書き込みやめますね。
 

どもども

 投稿者:うっけ  投稿日:2007年 1月25日(木)15時56分43秒
  >うっけさんとは某所とか某所とか某所とかで遊ぶ機会もあるかと存じますが

広大なネットに潜り、衛星経由ですら滅多に降りてこない聖霊とどこで遊べと?
沖縄とか名古屋とか東京とか京都とか? 出動命令があればどこへでも行きますが。
一つ聞かせてくれ、今の自分を幸福だと感じるか? 感じるわけないわな。
守護天使は一年後ぐらいにまた現れるのかね?
 

お久しぶりでございます

 投稿者:水城メール  投稿日:2007年 1月25日(木)13時03分37秒
  うっけさん、皆様、お元気でいらっしゃいますでしょうか。水城です。
なんか久しぶりに昔のログを漁っていたらここにたどり着いてしまいました(笑)

つか、随分昔のログがまだ残ってるんですね。凄いかも。

まぁ、うっけさんとは某所とか某所とか某所とかで遊ぶ機会もあるかと存じますが、
本年もどうぞよろしくお願いいたしまする。
 

明けましておめでとうございます

 投稿者:イラ・フォルモサ好き  投稿日:2007年 1月 1日(月)22時16分48秒
  うっけさん、明けましておめでとうございます。この掲示板、相変わらず、閑古鳥鳴いていますが……『喫煙室』、しばらく見ないうちに、サービス停止中で閉鎖されてしまったみたいです……初詣は愛知県の国府宮神社に行きました。巫女さん可愛かったです……今年は安部晋三総理が、靖国神社に参拝してくれるように、国府宮神社の神様にお願いしてきましてよ。  

おい!!!ファシストども死ね

 投稿者:ROMMANIA#103  投稿日:2006年12月29日(金)01時06分45秒
  おれはかつてNC4付近をROMしまくってた男で。
まだ、それを誇りにしたいと思っている男だけどさ。

結局この国にはいるべき存在ではなかった、
口を開こうとしたら本来なら斧でぐちゃぐちゃにされるべき存在だった、
おぞましいおぞましい連中だったことを証明つつあることに
気がつかない愚物どもにいうけどさ。

なにやってんだお前ら。
適当に「普通」やってんじゃねーぞ。

たく、散々我々が恐怖したはずの
「何か異常なことが進行しつつあるのに無関心に普通に生活してる」という
ファシズムを逆の立場になったら、さらりと実行しちゃってる蛆虫ども。

どうしようもねーなお前ら。

ちったあ、周りみてみろや。状況把握しろや。
目の当たりにしたらガクガク震えだしたくなるような悪夢が展開されているの
になぜ気がつかないだよ。泣きたくなるよ俺は。

2chあたりを見てみろやなんか、愚衆どもがヒステリックな狂気を並べるのに使われ
それに異論を唱えるひとを切り刻むのに使われるのはかつて我々が作り上げたあの言葉だ。
我々が必死になって作り上げたあの言葉はもはや恐怖の代名詞になった。

このままでは我々のやってきたことは、
なんだかんだで結局左翼のレッテル張り通りだったことを証明するだろう。
それもこの国を本当に滅ぼしてしまうという最悪の形でだ。

今回は幸にも、味方がいらっしゃる。
この状態を「すさまじい恐怖にふるえながら」
(すげーぜ、彼らのBlogの状態を見たらまさにガクガク震えた、
我々のグロデスクな悪夢がそこにはあった、
みたら我々がいかに状況把握能力を失っていたか目の当たりにする)

なんとかしようなんとかしようと踏ん張ってる真っ当な左翼様がいらっしゃる。

mushimori氏
http://d.hatena.ne.jp/mushimori/
黒蜥蜴氏
http://d.hatena.ne.jp/kurotokage/


ちったあ詫びいれろや。ぼけ。左翼だから協力したくねーとかいわねーだろーな。

ほんとに今、我々が動かないとこの国は滅ぶぞ。
 

「頑張れたのは、あなた自身の力」

 投稿者:イラ・フォルモサ好き  投稿日:2006年12月18日(月)23時16分41秒
  この掲示板、閑古鳥鳴いていますね……ひさしぶりに書き込んでみますか……うっけさんブログを紹介してくれてありがとうございました。題名の「頑張れたのは、あなた自身の力」とは、うっけさんがブログを紹介してくれた日の朝日新聞の2面「ひと」に掲載されたとあるミュージシャンの名セリフです。朝日新聞は嫌いですが、このミュージシャンは好きです。自分、朝日新聞は、ほとんど読みませんが、この日の朝日新聞の記事だけは見ました。

靖国神社に祭られていた栗林中将の映画『硫黄島からの手紙』を2回観て来ました。うっけさん『硫黄島からの手紙』を観ましたか?
 

うぇぶろぐ

 投稿者:うっけ  投稿日:2006年12月 1日(金)21時12分18秒
  http://d.hatena.ne.jp/takisawa/  

大阪ばっか

 投稿者:うっけ  投稿日:2006年11月 9日(木)16時20分0秒
  pl224.nas945.p-osaka.nttpc.ne.jp
d68.HosakaFL14.vectant.ne.jp
d68.HosakaFL14.vectant.ne.jp
 

また大阪か

 投稿者:うっけ  投稿日:2006年11月 5日(日)14時49分16秒
  pl224.nas945.p-osaka.nttpc.ne.jp  

名古屋はええよ、やっとかめ!

 投稿者:名乗るほどのものではアリマセン  投稿日:2006年 9月 9日(土)00時18分47秒
  何もかも皆懐かしい・・・。  

ども

 投稿者:うっけ  投稿日:2006年 8月 5日(土)02時52分50秒
  >うっけさんは靖国神社に参拝したことありますか?

小生には、靖國に祀られている親族がおりますので、何度も参拝しておりますよ。
神社仏閣巡りをするし、それが高じて絵馬収集が趣味なので、靖國にも行ってます。
靖國神社は、新興の宗教の中では、最も良く出来たものだと思います。
神に親族がいて、絵馬に「おじいちゃん」と呼びかけているのがあるユニークさが理由なのでしょう。
 

レンタル掲示板
/7