teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


間違えました

 投稿者:いっちゃん  投稿日:2010年 7月 6日(火)21時16分25秒
  11月6日(土曜日)です。すんまへん

http://!

 
 

おしらせ!

 投稿者:いっちゃん  投稿日:2010年 7月 6日(火)21時13分17秒
  公演の日が変更になりました~~~~!!

11月6日8(土曜日)です

ほかのことは変更ありませんるよろしくお願いします♪

http://!

 

頭痛肩こり樋口一葉

 投稿者:いっちゃん  投稿日:2010年 7月 2日(金)11時34分47秒
  半立ち稽古始まりました!
やっと上演許可が下りたのでここに乗せることができます。
宣伝用のチラシやチケットの製作も始まり。静芸のみんな
エンジン始動!!です。

 十一月七日 夜六時開演
 静岡市文化センター中ホール
 入場料は大人二千円 学生千円 です

また詳しくは表紙に載せていきますので
皆さん観に来てくださいね。爆笑に次ぐ爆笑の芝居です。
(N君ホームページの表紙変えてね♪)

http://!

 

気管支喘息

 投稿者:いつちゃん  投稿日:2010年 5月31日(月)21時19分58秒
  うお~~~~先週熱が出て稽古お休みしたんですが、ぜんぜん咳が止まらなくて今日
いつもいってる病院で診察してもらったら、ななななんと!!一時的な気管支喘息になってました。
夕べは一晩中咳がひどくて眠られなかった・・・・
とにかく体を横にすると咳き込み始めて、苦しいのなんのって・・・・
ふう・・・・しばらくおとなしく治療に勤めます。
みんな稽古休んでごめんね。
 

お久しぶりです

 投稿者:つる  投稿日:2010年 5月24日(月)23時07分14秒
  ここにカキコするのも久しぶりになってしまいました^^;
インターネットで検索していたら、静芸のHPが更新されていない・・・と書かれていて、ちょっとあわてました(笑)確かに・・・!


というわけで、次の公演を勝手に宣伝します!!(笑)
井上ひさし作「頭痛 肩こり 樋口一葉」です~!
11月公演となりますので、このページをご覧の皆さま!!ぜひ見に来て下さいね~♪
 

裏方ですか

 投稿者:いつちゃん  投稿日:2009年12月30日(水)12時31分43秒
  裏方にしろ役者にしろそれを仕事にしたいなら、プロの劇団の試験に応募してみてくださいね。
ただし気をつけてほしいのは、かなり怪しいところもあって(汗)
お金を取るだけが目的の「xxプロダクション」とか「xx劇団」
とか「xx声優養成所」とかがけっこうあります。一クラス20人ぐらいを
一応レッスンはするのですが、レッスン料はすごく高い!!
でも稽古の内容はかなりお粗末で、99%の人は金をふんだくられるだけです。
そのなかで美人で演技力があったりする子がいると、たまに採用されますが
、ほかの人たちはほんとにレッスン代をむしりとられるだけという!!
怪しいのがたくさんあります。

怪しいかどうかを見極めるのは、その劇団がきっちりと公演をやっているかどうか?
レッスン代が妥当と思われる金額かどうか?
カリュキュラムなどがちゃんとしているかどうか。
その劇団はどのくらい長い間活動しているか・・・などなど・・・
自分だけで決めないで信頼できる大人に相談してから行動をおこしてね。
 

(無題)

 投稿者:リズ  投稿日:2009年12月24日(木)13時39分39秒
  舞台の裏方スタッフとかの仕事ゎどの用に進めばなれるのですか??
私、高校でやってた演劇を忘れたくないんです。そぅ言ぅ仕事をしたいです。
 

破獄

 投稿者:いっちゃん  投稿日:2009年10月31日(土)19時57分30秒
  というところで(笑)えーーー
先日NHKのBSで緒形拳さんと津川雅彦さんの「破獄」をやっていたので観ました。

すごい!!すごい!!!!!

緒形拳はすごい役者じゃな~~~
まえまえからすごい人だと思ってましたよ。もちろん。大好きな役者さんですよ。
でも・・でもですよ。あれほどの役者とは思わなかったよ。
あんなふうに演じたい!
と心から思いました。
破獄・・は脱獄を四回も繰り返した実在の人物をモデルにしたドラマです。
緒方拳さんはその無期懲役囚の役。彼は貧しい東北の百姓。食うに困り
切羽詰って質屋に泥棒に入るのですが、主人に見つかりはずみで殺してしまいます。
結果、無期懲役となり刑務所に入れられるのですが、そこで津川雅彦さんの
演じる看守と出会います。
その最初のシーンがすごい!緒形拳と津川雅彦両方がすごい。うまいとかそういうのじゃなくて(いや、うまいんだけどね)物凄い迫力が役者同士のぶつかり合いで生まれてる。
まさにああいうのを迫真の演技って言うんだろうな。
緒形さんのあの目のすごさは・・・主人公が自分を押さえつけようとする世の中の
理不尽なもの、権力・・そういったものにメチャメチャ腹を立て抵抗してる・・・
絶対に屈服しない。目がそういった怒りをいっぱいに表してギラギラ燃えているのですよ。
彼は貧しい貧しい農民で、教育も受けていないし、自分の怒りをぶつける言葉の語彙もない。でも世の中なんで、こんなにおかしいんだ!
なんでこんなに理不尽なんだ、負けてたまるか。と思っているのが怒涛のように伝わってくる。すごい演技です。あああ・・・彼が四回も脱獄し続けたのがなんでかよくわかる
演技なのですよ。
 最初は彼に脱獄されてしまい、責任を取らされ津川さん演じる看守はほかの刑務所へ
転勤になります。網走だったかな。するとそこへまた彼が捕まって入ってきます。
こういったことが重なり二人の間には、不思議な人としての心のふれあいが生まれ
ていきます。津川さんもすばらしい演技でした。
でもね・・・もう私の大好きな俳優、緒形拳さんはもういない・・・・71才は若過ぎる
もう少し私たちを感動させてほしかったな。

ああ・・・わたしもがんばらなくちゃ。もちろん月とすっぽん、の差だけどね(笑)
どうぞ笑ってくだされ(泣)
 

公演終わりました

 投稿者:いっちゃん  投稿日:2009年10月31日(土)19時13分38秒
  観に来てくださった皆様、お手伝いしてくださったたくさんの皆様
ほんとにほんとにありがとうございました。
おかげで大好評のうちに芝居の幕を下ろすことができました。
いろいろなお客さんの感想を聞き、読み・・・・やっぱりやってよかったな!!
とうれしい気持ちでいっぱいの私でございます。
静芸は弱小で貧乏で・・・・うううう・・・
でもいい芝居を作ろうという情熱だけは誰にも負けないでもち
がんばったよ^^^^

ほんとありがとうございました。これからもがんばるから観に来てくださいね♪
 

リズさん♪

 投稿者:いっちゃん  投稿日:2009年10月 1日(木)13時32分6秒
  チケットは当日中ホールへ来てくださってもいいし、公民館にチラシが置いてあります。
そのチラシを持ってくれば前売り料金で入場できます。

芝居はうちの劇団の作家の創作劇です。
小島真木という女性の作家です。
全国的に有名な作家なのよ!
小島の作品は日本全国で上演されています。

今回は二話の舞台です
一幕目は「年の暮れ」
こっちはホームレスのおもろいおっさんが主人公、かれはとしとって
介護ホームに入所してるんだけど
年のくれだっちゅうのに面会人もなし孤独な日々を送っています。
ベットをボケばあちゃんと取り合ったりまあいろいろあって笑っちゃうんですが
彼には人に言えないすごくヘビーな秘密の過去を抱えています。
それがだんだん明かされていくのですが・・・・どうなるどうなる・・・
って感じですね。

二話目は「春子」
場所はある都会の郊外の「化粧品販売所けん春子の住まい」
春子は今日、結婚して大阪に住んでいる娘の潤子が一緒に暮らすために
迎えに来る予定。
 一見なんでもない日常が描かれているように見えるのですが
やがて夏子という昔の親友がたずねてきたことで
「あっ!」
と驚く展開が始まります。春子の意外な過去??春子の意外な今!!
昭和の時代を懸命に命がけで生き抜いてきた春子・・・
あなたはきっと感動で涙することでしょう・・・




女性を描かせたらナンバー1の小島真木がお送りする感動のお芝居です。
見に着てね~~~~

ちなみに私の役は春子でーーーす
 

レンタル掲示板
/29